結婚写真の撮影を前撮りした私の経験。

結婚写真は結婚式の当日に撮るのか普通!だと思っていました。

しかし、成人式の撮影が事前に行われるのが普通なのと同じように結婚写真の撮影も前撮りが普通なんですね。私は二年前に結婚式をあげ、結婚写真を撮ったのですが、そのときに初めて分かった事です。もちろん、親族みんな揃っての集合写真は、結婚式当日に撮りましたが、新郎新婦二人だけの白ドレスやカラードレス、和装、白無垢の写真は結婚式の1ヶ月前頃に撮影しました。結婚式当日は忙しい!というのももちろん理由の1つですが、式場の人の話では、当日の予行練習も兼ねているんだそうです。例えば、事前にドレスは予約をして変えられませんが、そのドレスと一緒に身につける小物類やヘアーセット等は、実際にセットして見てみないと分からないとの事。本当に満足できる結婚式にするための式場の人の配慮なんだなぁとも思いました。私の場合は白ドレス、カラードレス、和装、白無垢と、四種類の衣装を着たためか、朝から撮影を始めて帰る頃は夕方になっていました。新郎側はそんなに時間はかからないのですが、新婦側でかなりの時間を有しました。ドレスや和装の着替えにも、何重になっていてかなり時間を使いますし、衣装が変わるたびにヘアーメイクはもちろん、付け睫を買えたり、チークや口紅の色を変えたりと手をかけるところはたくさんありました。またこの時に始めてドレスに合うアクセサリーを選んだり、メイクはもっと派手にしないとドレスに合わない、と気づいたりといろんな変更もありました。事前に決めていたはずのヘアーセットも、いざドレスと合わせて見てみると納得いかず、変更するといった事もあり、私のわがままに付き合ってくれた担当者の方々に申し訳ない気持ちになったりもしました。

そして、私たちは神前式をしなかった為、私にとって一生の内で最初で最後の白無垢姿になったのもこの前撮りの時でした。もう着る事はありませんが、アルバムを見るたびその時のウキウキした気持ちになれてとても満足しています。結婚写真の撮影を前撮りして自分の納得のいくように、担当者と話し合い細かく変更を加えたおかげで、結婚式当日はスムーズにお色直しなどをおえることができました。この経験から結婚写真の前撮りはとても重要なんだということを学びました。学んだ所で、「二回目の結婚写真撮影」ということもありませんが(笑)今から結婚式をあげたり結婚写真を撮る予定の友人には話をしようとおもっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*